京都市長 過剰節電に待った

京都市の門川大作市長が、過度の節電や
自粛を控えようと言っているそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000588-san-soci

個人的に大賛成です。何もかもを自粛することが
美徳みたいに扱われるのは、甚だ疑問でした。

周波数の関係で、西日本からは僅かな量しか
電気を送れないのは分かり切ってるんですから、

無暗に節電するよりも、盛り上げよう!という理屈は
非常に前向きな気がします。火事場泥棒だとか言う人も
いるようですが、言わせておけば良いんです。

門川大作市長は、公人であり、大都市の首長ですから
非難されることを承知だったことでしょう。

なのに、こういうことを言える気概が好きですね。

今朝の新聞に、北海道からも周波数は同じでも
送電能力の限界から、僅かしか送電できないと知りました。

節電を例にしましたが、それ以外の面でも東北+北関東が
大打撃を食らったら、それ以外の地域が盛り上げないと
日本が倒れちゃいますよ。

被害意識を共有するのも良いけど、活動を
自粛したところで被災地には何も届きませんから(^_^;)
自粛するべきは、買い溜めくらいでしょう。