SEIKO5 初の自動巻き腕時計

SEIKO5は、SEIKOブランドなんですが、今は国内向けじゃなくて海外向けに海外で生産されてる腕時計です。1960年代~70年代には国内向けで人気だったそうです。

しかし、クォーツやデジタル時計の普及に押され、生産中止になったのがSEIKO5。
今は、逆輸入版として海外向け製品を、国内で買う事ができます。

デザインが豊富で、安いのが魅力です。ネットで調べたら分かりますが、結構な数のデザインが流通してます。私が買ったのはミリタリーモデル(SNK805K2)

SEIKO5 SNK805K2

初めての自動巻き腕時計で、この裏面の透け透け感に感動しました。今の時計と違って「機械を身に着けてる」って感じがしますし、アナログ腕時計の精密さを改めて実感しました。

SNK805K2 裏面

日差が最大で±40秒ほどあるそうですが、クォーツがメジャーになるまでは、毎朝時刻を合わせるのが当たり前だったそうです。その手がかかる感じも嫌いじゃありません。

私は5,500円送料無料で買いました。どの程度もつか分かりませんが、安っぽさは感じないし、気にいってます。