就職氷河期

就職氷河期だとテレビ、ラジオで聞かない日は
無いほど最近よく耳にします。

今朝、クロノスでもそんな話題が出てました。
そして、公務員や超一流企業志向が強いそうですね。

その源は、不安定な世の中で、
安定を求めてるんでしょう、、、(^_^;)

超一流企業に勤めたところで、
安定するのか?と聞きたいです。

JALが大量リストラする時代ですよ。
トヨタだってパナソニックだって、
この先絶対じゃありません。

一人親方でこの仕事を始めて思ったのは、
敏感に世の中の出来事や、流行り廃り、
季節の流れも感じていないと稼げないってこと。

お金を稼ぐということは、誰かがそれだけ
払ってるわけで、それは大企業だろうが
自営業者だってフリーターでも同じ事です。

どこかの誰かさんが、お金を払うか払わないかで
自分の稼ぎが変わるんだって事が大前提で、
同業他社が眼の色を変えて、その人の財布を
狙ってるワケです。漫然としていたらすぐに蹴落とされます。

そして、最終的に決断するのは、消費者の気持ち次第。
人の気持ちは十人十色、安定とは程遠いものです。

そこにぶら下がろうとしてるのに、
安定を求める事自体が馬鹿げてます。

「安定なんて無いもんだ」と常に危機感を持って
動き続けるからこそ、結果的に安定するのではと思います。