霧氷

霧氷(むひょう)です。調べてみると氷の大きさや
付き方で樹氷、粗氷、樹霜に分類されるみたいですが、
これがどの段階なのかは知りません(^_^;)

霧氷

気温が氷点下で、空気中の水分が木に衝突して
凍結し、樹木が白く見えるんです。

条件がそろえば、-5度くらいでも見られるそうですが、
この辺では、-12~15度くらいまで冷え込んだ時に
見えやすい気がします。

十勝晴れの澄んだ青空に映えて非常に綺麗です。

樹氷でイメージするのは、蔵王とか樹木の原形が
判別できないような状態なんで、この段階では、
粗氷か樹霜なんでしょうね。