自作テンプレートを作るようになった訳

私がアフィリエイトを始めたころ、パソコンは人並みに触ってましたので、パソコンの操作に関しては、なんの障壁もありませんでした。パソコンやネットで生活してると聞くと、多くの人は並はずれたパソコンの知識を持ってると勘違いされますが、基本的に、そんな知識は必要ありませんし、私もありません。

サーバー・ドメイン・FTPなどを少し学べば、それで始められるのがアフィリエイトです。ただ私の場合、最初に障壁を感じたのが、ブログやホームページを「思い通りに作りたい」と思い始めた時です。

アフィリエイトに特化したサイト作成ツールを、いくつか利用しましたが、どうしても似通ったサイトしか作れないし、ツールを使い続ける以上、同じ見た目のサイトを量産するしかないわけです。

そこでコツコツと、HTML、スタイルシートの記述を理解するために、秀丸エディタでタグを手打ちして、オリジナルテンプレートを作り始めたのが始まりです。

ある程度理解し始めた頃に、知人のすすめでアドビのDreamweaverを導入しました。

これが作業効率と品質を飛躍的に高めました。HTMLやスタイルシートについて、何の理解も無い人がいきなりDreamweaverを使っても、サッパリ訳が分からないと思いますが、ある程度理解できる人だと、この上なく使い易いソフトになります。

同じキーワードを攻めるのに、いくつものテンプレートを使い分けてユニットを構築する事ができます。WordPressやMT、無料ブログも使いますが、それだけではない選択肢が一気に増えます。サイトのジャンルや、コンテンツの量に応じて、テンプレートを使い分けることもできます。

ホームページの中身を理解するのに、それなりに苦労はしましたが、アフィリエイターとして身につけてよかったスキルの一つです。自分でテンプレートを作るようになって、ステップアップした事は間違いありません。